メソセラピーのデメリット

メソセラピーのデメリット

← 部分痩せ ● 美容外科選び →

[PR]【エステ業界と同じ効果を体感】凸凹脂肪を1円も使わずに自宅でスッキリ出来る方法とは?
詳細はこちらをクリック!




 メソセラピーのデメリット


いい事ずくめのメソセラピーなのですが、デメリットもあります。


脂肪溶解メソセラピーで用いる薬剤成分には大豆から作られるものが含まれている事から、
大豆アレルギーの方は施術を受けることが出来ません。



また、糖尿病や動脈硬化等生活習慣病をお持ちの方、
妊娠中、貧血、心臓病の治療中の方など、治療を受けることができない場合があります。



メソセラピーは、1回に処置できる範囲が限られています。
そのため従来の脂肪吸引に比べると除去できる脂肪の量が少なく、
広い範囲で大量の脂肪を除去するのには不向きであり、
個人差はありますが、概ね
脂肪吸引に比べると、見た目の効果は緩やかです。



また、ダウンタイム(治療後腫れや内出血など、
見た目に困る状態が治るのにかかる時間のこと)はほとんどありませんが、
注射療法のため、
注射部位に軽い発赤や内出血がまれに生じることもあります(数日から1週間程度で消失)。



当たり前のようですが、
注射療法ですから、先端恐怖症など、注射が死ぬほど怖いという人には不向きかもしれません。



まだ日本では比較的新しい方法である事から、医師による研究、改良が重ねられています。
メソセラピーは、自分の身体を知り、医師と良く相談をしたうえで
施術の検討をおすすめします。



[PR]【エステ業界と同じ効果を体感】凸凹脂肪を1円も使わずに自宅でスッキリ出来る方法とは?
詳細はこちらをクリック!



[PR] カルニチンクイーン メソセラピー 茶のしずく